目の日焼けって知ってますか❓

目の日焼けって知ってますか❓

昨年の今頃もあげたんですけど、皆さん目の日焼けって聞いたことありますか?
太陽光の中には紫外線だけでなく、赤外線や可視光線などの光線があり、それらが目に影響を及ぼします。特に紫外線は皮膚に影響して、シミやシワの原因になるだけでなく、目のあらゆる部位に悪影響を及ぼします。眼球は光を通しやすくするために、人体では唯一透明な組織になっています。また唯一外部にさらされている臓器なのです。光を通しやすいが故に、肌より影響のある臓器なのかもしれません。

目の日焼けはどのような影響があるのでしょうか?
充血や異物感・痛み、眩しさ、流涙、見えにくさなどがあります。

また病気の可能性もあります。
紫外線角膜炎・電気性眼炎
強い紫外線により、黒目(角膜)の表面に細かい傷ができます。症状としては、目の充血や異物感、痛み、流涙が多く、スキーや登山の時になる雪目は有名です。
白内障
目の水晶体が濁る病気です。加齢が原因の場合もありますが、紫外線が病気の発症・進行に大きく影響するとされています。初期症状は霞目や眩しさですが、進行すると視力低下を起こします。
瞼裂斑
白目の内側に黄色い膨らみができることです。これ自体に病的意義はありませんが、紫外線の影響が大きく、次第に大きくなる場合は手術などで摘出して、腫瘍などと鑑別しないといけません。
翼状片
白目(結膜)が黒目(角膜)に入り込んでくる病気です。紫外線の影響が大きく、農村や漁村で多いとされています。良性腫瘍で、充血や異物感を起こしことも。進行すると黒目を引っ張り、乱視を酷くすることもあります。
加齢黄斑変性
日本人の失明の原因の上位です。喫煙・高血圧・紫外線の影響と言われています。症状としては、歪んで見えたり視野の真ん中が欠けて見えたりします。放っておかずに、眼科で詳しく調べましょう。初期であれば治療可能なこともあります。
日食網膜症・日光網膜症
皆既日食などで太陽を直接見たりなどしなければ起こりませんが、紫外線や赤外線が原因と言われています。色付きフィルムを使っても障害が起こることもあるので太陽を直接見ることは絶対にやめましょう。

目の日焼けにはこのような病気の元になってきます。

上記の画像であるように夏場のいまのじきは一年で一番紫外線量の高い時期になっています。


上記の画像で左側にUVA、UVB、UVCとありますが、UVBは表皮に影響を与え黒っぽい色素であるメラニンを作り日焼けの原因となります。
UVAは表皮の下の真皮まで届いてしまいコラーゲンやエラスチンが変性して本来の機能を失い、また皮下組織の支えも弱くなり、シワ、たるみが生じます。
UVCはほとんで地上には届かないがUVBと合わせて皮膚ガンの発ガンのリスクを伴っています。
上記のように紫外線には色々なリスクがあります。皮膚には角層や表皮などがあり、まだ守られますが目は体の中では唯一外気に触れている臓器です。この時期の外出時にはメガネやサングラスを掛けて目を守りましょう。
伊達メガネや雑貨屋さんのサングラスにはUVカットが不十分の商品もあるのでできることならメガネ屋さんでの購入をお勧めいたします。
今年は特にコロナの影響でマスクと合わせてメガネをお掛けいただく機会が多くなると思います。
マスクでメガネやサングラスが曇ってしまうから外すと仰られる方が最近いらっしゃいますけどそこは曇り止めなどを使用して乗り切っていきましょう。
当店ではいつでもご相談に乗りますよ😉
お待ちしておりますm(_ _)m