OPUS新規投入

昨年秋に東京ビックサイトで行われた“国際メガネ展IOFT2019”にて仕入れてきた『OPUS』の紹介です。
メーカーのブランドプロフィールより
『OPUS(オーパス)』とは芸術や音楽の用語で「作品」という意味を持つ言葉です。
日本の最先端の製造技術を利用しデザインと機能を融合させた「作品」、それが「OPUS」です。
既成の概念にとらわれない全く新しい機能によりアイウェアの未来を提案しています。

1枚目からOPU-1037 ①カラー 56mm

2枚目はOPU-1042 ①カラー 56mm

3枚目はOPU-1042 ④カラー 56mm

4枚目はOPU-1043 ③カラー 55mm

5枚目はOPU-1044 ①カラー 54mm

6枚目はOPU-1044 ④カラー 54mm

の以上4型6本を仕入れさせられました😅

実はこのオーパスを作っているメーカーに前職の青山眼鏡の仲の良い後輩が転職していて付き合いで入れたんです😉

IOFTに来てって電話をもらった時からそこのメーカーから入れるならオーパスだろうなって思っていたんです。
会場で話していてデザインはカッコイイし作りに対しても蝶番ネジが緩まないとか鼻パッドが体温で変形し自分に合った形状になったりとか擽ぐるところがいっぱいあり投入を決めました😄

正直、店頭価格が46,200円(税込)と高額になってしまいますが必ず満足してもらえる商品だと思います。
是非一度店頭まで見に来てください🙇